【レポート】2/17 シンポジウム1「アジアにおけるダンスハウス・ネットワーク構想 〜European Dancehouse Network(EDN)の活動を参考に」

2017年2月17日横浜のBankARTにて開催されたON-PAMシンポジウム1「アジアにおけるダンスハウス・ネットワーク構想 〜European Dancehouse Network(EDN)の活動を参考に」の採録を掲載します。

概要:ダンスに特化した会場のネットワークEuropean Dancehouse Network(EDN)の活動を紹介しつつ、アジア域のネットワークを牽引する香港・西九文化区のアナ・チャン氏と東アジアダンスプラットフォームを構想する赤レンガ倉庫の小野晋司氏を迎え、アジアの来たるべきネットワークのあり方とプラットフォームのあり方を共に考える。

スピーカー:ヴァルター・ホイン(Eurepean Dance Network 代表/Tanzquartier Wien 芸術監督)、ベッティーナ・マーズッフ(Eurepean Dance Network 事務局長/tanzhaus nrw 芸術監督・取締役)、アナ・チャン(西九文化区 ダンス部門統括)
モデレーター:小野晋司([公財]横浜市芸術文化振興財団 チーフプロデューサー[ダンス]、横浜赤レンガ倉庫1号館 館長)

採録はこちらからダウンロードしてください。
The Possibility of Dancehouse Network in Asia_20170217

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プレスリリース

プレスリリース「舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)について」のPDFデータがダウンロードできます。

Download a PDF of ON-PAM press release.



ページ上部へ戻る