【NPO Open Network for Performing Arts Management】 Intent of Establishment 2015

特定非営利活動法人 舞台芸術制作者オープンネットワーク 設立趣旨書
NPO Open Network for Performing Arts Management
Intent of Establishment

(目的) この団体は、舞台芸術を推進する者が、主体的に参加する制作者を中心としたネットワーク を国際的に構築、有機的に継続させ、舞台芸術が多様な価値観の発露として社会に活力と創 造性をもたらすという認識の元に、同時代の舞台芸術の社会的役割の定義と認知普及、文化 政策などへの提案・提言、その他この規約に掲げる種類の活動・事業を行なうことで、舞台 芸術の発展に寄与し、もって社会全体の利益の増進に寄与することを目的とする。

(Aim)
This organization will construct an international network of performing arts managers and will sustain itself organically. Under the recognition that the performing arts, as an outburst of diversity in values, will contribute to give vibrancy and creativity to the society, the organization will define the social roles of the performing arts, to diffuse it to the society, to make a proposal or to submit recommendations to the cultural policy makers, or it will also conduct other types of activities and projects mentioned in articles of Incorporation. The organization aims to contribute to the development of performing arts; and furthermore, to enhance the profit of the society as a whole.

(設立経緯)
 演劇、舞踊、音楽等の舞台芸術は、近代以降、国及び地方自治体による劇場や音楽堂等の施設整備が進められ、より多くの人々が鑑賞、体験出来るものとなった。さらに2012年には 「劇場,音楽堂等の活性化に関する法律」が施行され、劇場、音楽堂等が地域コミュニティ の再生と創造や国際文化交流の促進に寄与することが定められるなど、舞台芸術の社会的役 割がより広く捉えられるようになった。このように社会との接点が増える一方で、そのつな ぎ手としての役割である、舞台芸術におけるアートマネジメントの職能が確立されておら ず、また担い手も不足している現状があった。また2011年の東日本大震災を契機に、社会一 般の問題としても明らかになったこととして、首都圏を中心とした情報の一方通行による機 能不全は、舞台芸術の分野でも顕著であった。 そのような中、トップダウンで意思決定を行うヒエラルキー構造を持つ組織ではなく、ネットワーク型の水平な構造をもつ人々の集まりを組織することで、各々の仕事を通じて日々更 新される情報やアイディアを交換、共有し各々の職能を高めることが必要だと考えた。ま た、その結果として、個々の団体の利益や業界関係者の権利を主張するのではなく、舞台芸 術の発展を通じて、社会を利することを目指していくために、個人の集合による開かれたネ ットワークが、現在社会に求められていると考え、任意団体として設立に至った。
(Background)
In the modern society, the state and local governments have promoted to have venues like a theater or a concert hall. As a result, the performing arts, such as theater, dance and music, now can be accessed and experienced by many more people. In addition, in 2012, “Law for revitalization of theater and concert halls” was released, and it requires theaters and concert halls to serve a wider social role: for example, to regenerate and create local communities, or to promote international cultural exchanges. Even though the contact with the society did increase, there were problems. The profession as an arts manager in performing arts was never been established clearly, and there weren’t many of them. After the Great East Japan Earthquake in 2011, it became obvious to the society in general, that the information passed through was one-way driven, especially centralized in the Great Tokyo area, and it lacked its function.

It was same and evident in the field of performing arts. For that reason, there was a need to create a lateral organization in the form of network, not having the top-down hierarchy in the decision-making. It was necessary for people to share and exchange the updated information and ideas day by day, in order to improve their abilities in their profession. As a result, the initial aim was set to contribute to the society through the growth of performing arts, not to claim the rights of related parties or to pursue the benefit of the each company. Thus, the group was established as a voluntary organization of a network, open to any individuals who were interested.

任意団体として設立した当初の3ヶ年計画でも掲げていたが、より継続的・安定的な運営の ために法人化を目指すことになった。とりわけ法人化にあたっては、当団体の活動が、非営 利ということだけではなく、公益性を持ったものであるということを、社会に対して訴え、 その理解に基づいて助成金や寄付を得て活動を維持していくことが必要だと考えた。更にま た、オープンネットワークという組織の形態から、より多様な人々との議論を通じて活動を 行っていく、民主的なプロセスを重要視してきた。これらを踏まえたとき、公益性という観 点、そして会員総会が組織の意思決定機関であるべきという点から、当団体は特定非営利活 動法人が最も相応しい法人形態ではないかと考えるに至り、この度の設立申請となった。

Even as a voluntary organization, in the initial three-years plan, there was already an aim to transform itself into a legal organization, in order to run constantly and steadily. The projects of the organization had not only the non-profit nature, but they also had the public interest. It was necessary to appeal that aspect to the society, and to maintain the organization by grants and donations received from the understanding of it. In addition, as it was an open network, the organization has always given a great importance to the democratic process of having discussions with diverse people in the course of its operation. In keeping with these directions, the organization believes that Non-Profit Organization would be the most appropriate legal form to apply for.

2011年11月 「舞台芸術制作者ネットワーク・ミーティング(仮称)」準備会発足
2012年10月 「舞台芸術制作者ネットワーク・ミーティング(仮称)」キックオフ・ミーティ ング
2013年2月任意団体「舞台芸術制作者オープンネットワーク」と名称を定め、設立総会
2015年2月「舞台芸術制作者オープンネットワーク」解散、「特定非営利活動法人 舞台芸 術制作者オープンネットワーク」設立総会

November, 2011: “Performing Arts Managers Network Meeting (provisional)” – Preparation Committee
October, 2012: “Performing Arts Managers Network Meeting (provisional)” – Kick-off Meeting
February, 2013: Named as a voluntary organization “Open Network for Performing Arts Managers” – Inaugural Meeting
February, 2015: “Open Network for Performing Arts Managers” – dissolution
“NPO Open Network for Performing Arts Managers” – Inaugural Meeting

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プレスリリース

プレスリリース「舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)について」のPDFデータがダウンロードできます。
Download a PDF of ON-PAM press release.


ページ上部へ戻る