【報告】APPキャンプ2017 DAY5

この日(24日)は終日、リサーチのための作業を行いました。。グループごとに分かれての活動なので内容をすべてお伝えできませんが、各グループのテーマは以下の通りです。

グループA:Cross cultural collaboration(異なる文化を横断してのコラボレーション)
グループB:Indigenous art – The face of the future?(先住民の芸術文化-未来を担うのか?)
グループC:Why we fest?(なぜフェスティバルをするのか?)
グループD:Creative recovery from personal and public disaster and crisis(個人的または社会的な災害や危機からの創造的な回復について)
グループE:The art being made in order to ask questions(問いを投げかけるために作られた芸術作品について)

昨年の東京開催と同様、開催国オーストラリアのキャンプ参加者がテーマを提案し、リサーチのための下準備を行いました。
明日、発表が行われます。

参加者がリサーチを行っている間、運営担当メンバーはAsiaConnectというプログラムの参加者と意見交換を行いました。AsiaConnectにはオーストラリア各地やシンガポールからアーティストやプロデューサが参加しており、APPキャンプの一部のセッションに参加したりAsia TOPAの作品を観劇したりしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プレスリリース

プレスリリース「舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)について」のPDFデータがダウンロードできます。

Download a PDF of ON-PAM press release.



ページ上部へ戻る