【お知らせ】ON-PAM 春の委員会 2020 オンライン 開催

3月から延期をしておりました春の委員会は、以下の通り、オンラインにて開催することにいたしました。
皆さまのご参加お待ちしております。

ON-PAM 春の委員会2020 オンライン
困難な時代を乗り越えるために

ON-PAM(舞台芸術制作者オープンネットワーク)は、昨年に引き続き、「春の委員会」と「秋の委員会」を開催します。新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、今年は特定の開催場所を設けない形式で実施します。春のテーマについては、昨年の内容も引き継ぎながら、コロナ禍にある現在の状況を踏まえ、芸術文化とそれを取り巻く社会動向を知り、そしてヴィジョンを語る場を皆さんとシェアしたいと思います。

日程:6月6日(土)
開始時刻 12:00 〜 終了予定時刻 18:00
開催方法:オンライン会議アプリケーションZOOM
参加方法:会員:無料 非会員:500円(①〜⑤の全てのプログラム参加可能)

《お申し込み》
https://spring2020.peatix.com/
*お申し込みいただいた方にのみZOOMアドレスをお知らせしますので、会員の方もお申し込みください。

《タイムテーブル》

12:00-12:40 ①キーノートセッション「ポスト・コロナ時代の国際交流を考えるPart1」
世界各地の舞台芸術への影響について情報共有を行い、「交流」そのものについて考え直すきっかけになったこの事態を受け、これからの「国際交流」について議論します。

13:00-13:40 ②勉強会 自治体の文化政策を知る vol.3札幌市
札幌国際芸術祭や札幌文化芸術劇場 hitaruの開館など、近年目覚ましい活動を進める札幌市の文化政策を知るとともに、いち早く独自の「緊急事態宣言」を打ち出した北海道の状況についてもうかがいます。

14:00-14:40 ③勉強会 舞台芸術の映像配信について
「くものうえ⇅せかい演劇祭2020」の実施のプロセスや具体的な方法についてお話しいただきます。

15:00-15:40 ④政策提言調査室 契約WGの報告
相次ぐ公演キャンセル対応や、今後もキャンセルが想定される中で事前に結ぶ契約の具体的ガイドライン案、そこで話し合われた課題や問題になったことをお話しいただきます。

16:00-16:40 ⑤キーノートセッション「ポスト・コロナ時代の国際交流を考えるPart2」

17:00-18:00 フリータイム

《スピーカー》
①⑤キーノートセッション「ポスト・コロナ時代の国際交流を考える」
司会:丸岡ひろみ(ON-PAM理事) 
スピーカー:林立騎(クンストラーハウス・ムーゾントゥルム/フランクフルト)、新田幸生(日本・台湾)、吉田恭子(U.S./Japan Cultural Trade Network エグゼクティブディレクター/アメリカ)、中村茜(プリコグ)、橋本裕介(ロームシアター京都)他

②勉強会 自治体の文化政策を知る vol.3札幌市
石井正治(公益財団法人札幌市芸術文化財団/札幌市民交流プラザ・館長)
H25年札幌市文化部国際芸術祭担当課長。H28.年札幌市文化部文化振興課長から札幌市芸術文化財団に派遣。H29年市民交流プラザ開設準備室長、H30年より現職。

③勉強会 舞台芸術の映像配信について
丹治陽(SPAC-静岡県舞台芸術センター 制作部 副主任)
1982年生まれ。2006年よりSPAC制作部に所属。2007年以降は、芸術総監督・宮城聰のもと、SPAC作品制作や人材育成事業の立ち上げを経て、現在は、営業・ウェブチーフ、「ふじのくに⇄せかい演劇祭」の制作統括などを担当しながら、副主任として制作部内の人事調整に取り組んでいる。2015年、文化庁在外研修制度を活用し英国グラスゴーのCitizens Theatreにて研修。静岡県立大学非常勤講師。

④政策提言調査室 契約WGの報告
司会:武田知也(さいたま国際芸術祭・キュレーター) 
報告者:高萩宏(東京芸術劇場・副館長)、矢作勝義(穂の国とよはし芸術劇場PLAT・芸術文化プロデューサー)、伊藤達哉(ゴーチブラザーズ・プロデューサー)

《お問合せ》
特定非営利活動法人 舞台芸術制作者オープンネットワーク
info@onpam.net

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プレスリリース

プレスリリース「舞台芸術制作者オープンネットワーク(ON-PAM)について」のPDFデータがダウンロードできます。

Download a PDF of ON-PAM press release.



ページ上部へ戻る